GDPR ガイドライン

MENU

GDPRのガイドライン

GDPRのガイドラインは、欧州連合(EU)のWebサイトで確認ができます。

 

Article 29 Working Party

http://ec.europa.eu/newsroom/article29/news.cfm?item_type=1358

 

もちろん英語です。

 

英語はムリ!という方は、一部ガイドラインはJETROが既に和訳してくれているので、こちらを参照するといいかと思います。

 

データ保護責任者(第29 条作業部会ガイドライン編)

「EU 一般データ保護規則(GDPR)」に関わる実務ハンドブック
 https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/28dd771ad2a2c020/20170094.pdf

 

データポータビリティの権利(第29 条作業部会ガイドライン編)

「EU 一般データ保護規則(GDPR)」に関わる実務ハンドブック
 https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/2d8d30044cc65583/20170096.pdf

 

管理者および処理者の主導監督当局の特定(第29 条作業部会ガイドライン編)

「EU 一般データ保護規則(GDPR)」に関わる実務ハンドブック
 https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/9a90f1003bc16515/20170095.pdf

 

その他、日本語訳のリンク集はこちらにまとめましたので、ご確認ください。
GDPRの条文の原文に、ハンドブック、ガイドラインなど揃っていますよ。

 

第29条作業部会(Article 29 Working Party)って何?

GDPRのガイドラインを策定しているチームのことです。
各国のデータ保護当局と、EU機関のデータ保護を担当する欧州データ保護監察官などから構成されています。

 

ガイドラインを策定することは、GDPR第70条で定められています。
例えば、いくつかの概念(例:同意、プロファイリング等)について、データ保護会議(EDPB:European Data Protection Board)でガイドライン、提言及びベストプラクティスを公表することを定めています。このデータ保護会議を行っているのが、第29条作業部会(Article 29 Working Party)です。

 

GDPRの条文だけだと、読み取れないところをガイドラインでより詳しく説明してくれるんですね。

 

何で、第29条ってつくの?と疑問に思った方もいるかもしれませんが、
作業部会は、旧指令第29条及び第30条に基づき設置された独立の諮問機関ということで、第29条作業部会といいます。
旧指令というのは、GDPR改正まで有効な「EUデータ保護指令(95/46/EC)」のことですよ。

関連ページ

GDPRの施行日は?いつから発効?猶予期間終了しました。
GDPR(EU一般データ保護・規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPRの施行日・発効日・猶予期間は?いつから対応が必要になるの?
GDPRの制裁金(罰金・違反金・課徴金)が26億円!?罰則規定は?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPRの制裁金(罰金・違反金・課徴金)が26億円!?罰則規定は?
GDPRの保護対象国EEAって何?イギリス(英国)はどうなる?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPRの保護対象国EEAって何?イギリス(英国)はどうなる?
GDPR保護対象個人データの定義 クッキーも個人情報になるの?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPR保護対象個人データの定義 クッキーも個人情報になるの?
GDPRの適用範囲は?域外適用とは?日本企業も対象になる?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPRの適用範囲は?域外適用とは?日本企業も対象になる?
GDPR越境データ移転とは?どんな場合に域外移転になるの?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPR越境データ移転とは?どんな場合に域外移転になるの?
GDPR十分性認定とは?十分性認定国はどこ?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPR十分性認定とは?十分性認定国はどこ?
GDPR SCC(標準契約条項)とは?楽天のBCRとの違いは?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPR SCC(標準契約条項)とは?楽天が承認されたBCRとの違いは?
GDPRプロファイリングの定義は?GDPRの特徴を解説します
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPRプロファイリングの定義は?GDPRの特徴を解説します
GDPR プロファイリングに異議を唱える権利とは?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPR プロファイリングに異議を唱える権利とは?
GDPR忘れられる権利とは?削除権への対応はどうすればいい?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPR忘れられる権利とは?削除権への対応はどうすればいい?
GDPRデータポータビリティの権利とは?対策は必要?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPRデータポータビリティの権利とは?対策は必要?
GDPR コントローラー(管理者)とプロセッサー(処理者)とは?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPR コントローラー(管理者)とプロセッサー(処理者)とは?
GDPRではオプトアウトはNGになります。明確な同意の取得方法は?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPRではオプトアウトはNGになります。明確な同意の取得方法は?
GDPRと改正個人情報保護法との違い 日本の国内法とどこが違う?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPRと改正個人情報保護法との違い 日本の国内法とどこが違う?
GDPR 匿名化と仮名化の違いは?暗号化はどっち?
GDPR 匿名化と仮名化の違いについて解説します。匿名化(Anonymous)と仮名化(Pseudonymisation)の違いは?暗号化はどっち? GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。
GDPR 監督機関、データ保護機関(SA、DPAs)ってどこにある?
監督機関、データ保護監督機関(SA、DPAs)って何のこと?どこにある? GDPR(EU一般データ保護規則)でデータ侵害時などに通知義務がある監督機関についてまとめました。
GDPRでデータ主体に認められた8つの権利とは?
GDPR(EU一般データ保護規則)でデータ主体に認められた8つの権利について、解説します。 情報権、アクセス権、訂正権、削除権(忘れられる権利)、制限権、データポータビリティの権利、異議権、および自動的な個人の意思決定に関する権利 があります。
GDPR モデル条項 SCCとSDPCの違いは?
SCC(標準契約条項)とSDPC(標準契約条項)の違いは? GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。
GDPR 72時間ルールとは?監督機関に通知ってどうすればいい?
GDPR 72時間ルールとは?監督機関に通知ってどうすればいい? GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。
クッキー法とも呼ばれるe-privacy規則(eプライバシー規則)とは?
クッキー法とも呼ばれるe-privacy Regulation(eプライバシー規則)とは? GDPRと同様、個人情報を保護するための規則です。GDPRを補完する規則になります。