忘れられる権利 日本

MENU

忘れられる権利 日本では?

GDPRで認められた「忘れられる権利」ですが、残念ながら日本ではまだ認められていません。

 

2017/1/31 最高裁の判断で、「忘れられる権利」は否定されています。

 

この裁判は、検索サイトに逮捕歴に関する報道内容が表示されるのはプライバシーの侵害だとして、男性が検索サービス大手の米グーグルに検索結果の削除を求めたものです。
裁判官5人全員一致の意見で、「男性の逮捕歴は公共の利害に関する」として削除を認めない決定をしています。

 

この最高裁の判決がありますので、今後も同様に犯罪歴のある人が検索結果の削除を求めて裁判を起こしても、忘れられる権利を根拠として削除が認められる可能性は低いと考えられます。

 

検索サイトと「忘れられる権利」

 

最近の検索サイトは、サジェスト機能などが優秀なので、ある個人名を入力すると、犯罪名や逮捕歴などが出てきますよね。
実際に犯罪をした人の情報は、公共の利害のために見せる意義はあるのかもしれませんが、前科がある人でも、その情報がいつまでも残ってしまうことによって、就職や結婚ができないなど、その後、普通の社会生活をおくるのが困難になってしまうのは良くないですよね。
犯罪歴の忘れられる権利に関しては、その情報を知りたい人もいるものなので、バランスが難しいところだと思いますが。。。

 

話は変わりますが、検索サイトのサジェスト機能は優秀すぎて、同姓同名に犯罪者がいる場合等、あらぬ疑いをかけられて嫌な思いをしている人もいるんじゃないかと思います
そういえば、セクシー女優さんと同姓同名の女性も、サジェスト機能に表示されてしまうのを嫌がっていました。
検索サイトは、最近では何でも調べられて便利だけど、いろいろと問題点もありますね。

 

「忘れられる権利」自体は、SNSの投稿など削除したい記事は多いと思われる現在、日本でも望む人が多くなりそうですね。

関連ページ

GDPR 最低限すべきことは?結局どこまで対応すればいいの??
GDPR 最低限すべきことは?結局どこまで対応すればいいの?? GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。
GDPR アメリカ(米国)のプライバシーシールドって?
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPR アメリカ(米国)のプライバシーシールドって?
GDPRは悪法か?グーグルやフェイスブックとプライバシーを考える
GDPRは悪法か?グーグルやフェイスブックとプライバシーを考える。 GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。
GDPR フェイスブックのデータポータビリティ機能
GDPR(EU一般データ保護規則)について、どこよりもわかりやすく説明します。 GDPR フェイスブックのデータポータビリティ機能を見つけました。
GDPR対策 「クッキーの取得」の同意の確認を簡単にできるツール
GDPR対策 必要になったCookie(クッキー)の取得・使用することについての同意の確認。 このサイトでも、クッキーの同意の取得をはじめました。ツールを使って簡単にできました!